読書時々業務、一時的にお勉強ブログ

大阪の鍼灸師・介護福祉士のブログです。本の話、お仕事の話、今取り組んでいる勉強の話、など。

PCの延命措置

 8年前に買ったacerのASPIRE。当時はそこそこのスペックで使い勝手も良かったんだけれど、Windowsによくある、使えば使うほど動作が遅くなって使い物にならなくなって、Win7はダメだとUbuntuに載せ替えたもののUbuntuもそれほど軽くなく、ここ1,2年は出番なく部屋の片隅で寝てた。
kakaku.com
 放置するのも勿体無いので、Win10をインストールして本体に貼ってあるWin7のアクチベーションコードを入れて*1使えるようにしたんだけれど、メモリが2GBだとやっぱり重くて使いづらい。ネットで調べてみると比較的簡単に*28GBメモリに載せ替えられるようなので、ネットで8GBのメモリを取り寄せて早速載せ替えた。
 Win10は8GBに載せ替えてもなんとなくモッサリ感が残っているけど、デュアルブートで載せたUbuntuは快適に動く。あと4,5年は使えるかな、という感じになった。軽量Linuxに載せ替えようかとも思ったんだけれど、やっぱり1台くらいはWindowsが動くPCを持っていないと、仕事にならないことがある*3からね。

 この前友達から貰ったDynabook*4も、メインメモリは2GBなんだけれど、これも8GBに載せ替えて延命するつもり。元ハイスペックパソコンだから、メモリ載せ替えたらハイスペックパソコンに化けるかな。
kakaku.com

*1:Win7,8,8.1のアクチベーションコードがあると、簡単にWin10にアップグレードできるみたい。

*2:カバーを外すのは、ネジの見落としさえなければ簡単にできるけど、反対にカバーをはめ直すのがちょっと手こずった。なかなか上手くはまらない…。

*3:MS互換オフィスだとレイアウトが崩れまくるエクセルファイルをやり取りしなくちゃならないとか、特に対役所でよくある。

*4:貰ったときの状態はまともに起動しない状況だったんだけれど、Win10を入れ直したら起動が早いパソコンに化けたので、メインメモリを8GBにすれば、超サクサクPCに化けそうな気がしている。ちなみにこのPCはWin10とQ4OSのデュアルブート