読書時々業務、一時的にお勉強ブログ

大阪の鍼灸師・介護福祉士のブログです。本の話、お仕事の話、今取り組んでいる勉強の話、など。

デルマトーム本、支援金

  • 新デルマトーム

新デルマトームの基礎と応用

 ネットで注文していた本が届きました。デルマトームとは「感覚求心路が単一の後根神経節〜後根〜脊髄分節に入る皮膚領域を意味する」*1もので、脊髄の1節が皮膚のある領域の知覚を支配することを意味しています。
 経絡を勉強していると、ユ募穴とデルマトームの関係は気になりますよね。私が普段行う臨床では、脊髄とデルマトームの関係から鍼灸治療をすることはあまりないのですが、四診や鍼灸治療結果から現代医学的にどうだったのか、を考えるときの一つの参考になります。

 定価15000円(税抜)で安い本だとは決していえませんが、この手の本はすぐに品切れになりますからね、お金が少しでもある時*2に買っておくのがベストだと思っています。

  • 休業要請外支援金

 鍼灸院も営んでいるのですが、休業要請外で治療院の予約は受けていたものの、やはり県境を超えるような患者さんは来院を控えられるし、大幅な減収は避けられませんでした。今回、大阪府そういった休業の要請外であった職種にも一定額支援金を給付してもらえるというので、申請することにしました。
 ただ、持続化給付金よりも遥かに書類を揃えるのがややこしくてめんどくさい。それが行政側でわかっているせい*3か、個人事業主には原則として行政書士司法書士等の専門家による書類の確認が必要*4となっています。私も、書類を揃えた自信はあったものの、万が一ということもあるし、それよりも、友達に司法書士がいる*5ので、せっかくなら彼に見てもらおう*6と考えてお願いをし、書類の送付が完了しました。
 何とかこれでしばらくの間は食っていけそうです。

*1:福武 敏夫「胸腹部のデルマトームと感覚障害」『脊椎脊髄ジャーナル 32巻1号 (2019年1月)』

*2:本当はお金はないんですけど、特別定額給付金を当て込んで買いました。

*3:持続化給付金並に簡単に出来なかったんでしょうかねぇ…。

*4:無くても受け付けてはくれるらしいのですが、書類の不備の際の確認作業に時間がかかって支給に時間がかかるようになるそうです。

*5:実際は友達が紹介してくれた司法書士

*6:1件5000円が大阪府から報酬として入るらしい。せっかくなら知っている人に入るほうが良いよね。