読書時々業務、一時的にお勉強ブログ

大阪の鍼灸師・介護福祉士のブログです。本の話、お仕事の話、今取り組んでいる勉強の話、など。

大学卒業見込み

  • 大学卒業します

 いま在席している放送大学から、来学期の所属コースの変更許可書が届きました。

 公認心理師の学部課程を修了するために心理と教育コースの科目を多く履修していて、いま在席している社会と産業コースだと卒業に必要な単位とならない心理学系科目が、心理と教育コースに変更する事で卒業に必要な単位となり、20年2学期末で卒業見込みとなりました。

 既に一度放送大学の人間と文化コースを卒業していて、その時の単位を引き継いで再入学をしたので、最初から心理と教育コースで再入学してしまうと、公認心理師対応科目を履修し終える前に心理と教育コースの卒業単位数を満たしてしまって、公認心理師の学部課程が修了出来ない可能性があったので、心理学系科目を履修してもウッカリ卒業とならない様に社会と産業コースに在席していた、という感じです。

 まだ2学期が残っているので、しばらくは大学生を続けますが、私への卒業祝いの都合もあると思いますので、今からお伝えしておきます。

  • 院進はどうする?

 公認心理師になる為には、この先公認心理師養成校の修士課程へ進学する必要がある*1訳ですが、新車一台は買えるくらい学費が掛かるので、院進するなら、公認心理師として食っていくだけの覚悟がないと、お金と時間が勿体ないですよね。
 鍼灸師の立場から、ソマティック心理学や東洋心理学には興味関心があるんですが、いずれも公認心理師の守備範囲ではないんですよね。

 という訳で、公認心理師の学部課程を終えたものの、院進は考えず、ひとまずは終了、という事になりそうです。

  • この先どうするの?

 心理士系の資格の中で認定心理士というのがあって、それは学部課程科目だけで取れるんですが、認定心理士に必要な単位はまだ取得しきれていないんですよね。
 この認定心理士は大卒かつ必要な単位の取得が必要条件なのですが、卒業する大学で単位を取得する必要はなく、よその大学で単位を取得しても構わないんですよね。
 心理療法の一つに認知行動療法があるのですが、これは今就いている鍼灸師業、介護福祉業でもその技術が活かせそうだと思うので、スクーリングで学べそうな通信制大学を見つけたので、そこへ通おうかと考えていたりします*2

*1:クリニックに5年働いている実務経験から、勤務先の院長のサインが貰えれば、公認心理師Gルート受験が一応可能ではあります。

*2:とはいえ、その大学の学費が通信制の割に高いので、放送大学へ再入学するかもしれませんが…