読書時々業務、一時的にお勉強ブログ

大阪の鍼灸師・介護福祉士のブログです。本の話、お仕事の話、今取り組んでいる勉強の話、など。

休業支援金が入金された

  • 新型コロナ対応休業支援金・給付金

 土日祝日は基本的に障碍者ガイドヘルパーをしているのですが、4月と5月は外出自粛が行政から強く要請されていたこともあって、ヘルパーの利用者さんが外出出来ないし出来たとしても行く先が無いというので、キャンセルが相次ぎ、私のお財布が大変なことになっておりました。

www.officehata.com

 どうしようかと思っていた時に厚労省の支援策として出されたのが「新型コロナ対応休業支援金・給付金」。4月以降に新型コロナに関連した休業につき、平均賃金の8割を保証してもらえるというもの。私の場合は正確には3月半ばからヘルパーのキャンセルが出始めたので、本当なら3月分の申請からしたいところですが、制度上3月の休業分は補償してもらえないので、4月と5月の2ヶ月分申請しました。

www.mhlw.go.jp

 本来は労基法26条の「休業手当」を基本に、それを支払うために申請する「雇用調整助成金」を申請して、それで従業員に「休業手当」として平均賃金の6割を支給しなくてはならないのですが、事業所側にとって「雇用調整助成金」の申請はハードルが高いらしいので、そこまで雇調金の申請を行っていない事業所が多いようです。私が登録している事業所も雇調金の申請はしてなかったみたいです。

 シフト確定後の登録ヘルパーのキャンセルは「休業手当」の対象となる、という事実だけは介護事業所は認識しておいてほしいな、と思います。

 しかし、休業手当は支給されなかったとしても、今回の休業支援金の申請には事業所も積極的に協力していただいて、今回無事に休業支援金が入金されたのでホッとしています。しかし、登録ヘルパーから得る収入の比率は下げないと今回のように困る事態になるかもしれない、と反省をする良いきっかけとなりました。